[GE3] God Eater3のPC版

God Eater3のPCが出たので性懲りもなく買いました。
(Steamのビックリ価格はいただけないので、よそで)
狩りゲーそんなに続かないのにね!

このシリーズは旧作をVitaでちょっと触っただけで、
やっぱり携帯機でアクションゲームは無理だと思い知ったという
苦みばしった雑味のある過去しかなかったわけで。

ただ、戦闘のスピード感や世界観、キャラクターは
同じジャンルのゲームの中では好きな方なのです。

自キャラ

で、携帯機でダメだったけどPCでならいけるかもしれんと、
イチかバチかで挑戦してみたのですよ。

戦闘終了

そしたらまぁサクサク遊べて楽しいこと。
そうか、これがGod Eaterか!と、ようやく始まったような。

[Diablo3] 久しぶりに。

物凄く久しぶりにDiablo3をやってました。
よく見てる配信の人がSwitch版を楽しそうにやっているのを見て、
またやりたくなったので。
PC版とはマルチができないのは残念ですが。

そしてNecromancerのDLCも勢いで購入。
1クラス分と考えるとお高いですが、ゲーム本体や拡張買ってから
もう数年経っていますし、良いでしょうと言うことで。
かっくいい

ちょうどSeason16が開始されたので、
初めてちゃんと挑戦してみました。
そう、Seasonsは今までまったくと言っていいほどノータッチ。
決められた期間がんばる制度がどうにも合わなくて。
Diablo2ではLadderもスルーしてましたしね。

今回ついに手を出した理由は、
もう過去にじゅうぶん遊んだわけで、
もうそんなに長い目で見なくていいだろうという感じで。
パァーッ!と遊ぼうじゃないかと。

で、そんなに頑張らなくても良いレベルまではクリアして、
報酬も手に入って、さて、どうしようと言う段階でこれを書いてます。

さて、どうしよう。

テイルズのヴェスペリア

PC版も珍しく日本語入りですよ。

テイルズはレジェンディアで止まっていたので、
そこそこ古いゲームとは言え感無量ですな。

ぎゃあああ

すまき

シークレットなんとかや時限イベント、各種図鑑など、
苦手要素もモリモリ入っていてなかなか進みませんが、
登場キャラたちの性格も悪くなく、画面もキレイなので
ストレスなく遊べるのは良いですね。

そんなPortia

My time at Portiaです。
1年ちょっと前にアルファ版をやったやつですね。
どうやらいつの間にか日本語も実装されたようで。
機械翻訳丸出しですけども。

工房
2段階目の自宅。

の、室内。
家具の種類はそこそこ。
室内

ちょっとしたダンジョンのボス。
ぼす

開発期間が長いだけあって、EarlyAccessとは思えないほどのボリューム。
セーブのタイミング(寝て日付が替わった時)のこともあって、
止め時がムズカシくついつい続けてしまいますよ。

御慶

なぜかConan Exilesを買って遊ぶ年末年始。

ハウス

ドンドコドンドコ

サバイバルゲームは大の苦手でしたが、
設定でヌルくできるなら話は別。

MODもモリモリ入れて好き勝手に楽しんでおります。

もうひとつ似て非なるゲームを買う予定。

さて、2018年の後半は体調が土砂崩れたり、
あちこち痛めたりでPCでゲームをする気になかなかなれずでしたが、
今年もおおむねそんな感じになりそうでアレです。

他にも好きな事はいろいろあるので退屈はしていませんが、
こっちに書くような事でもないので。

読んでるWeb小説とか好きなお笑い芸人の話とか、
毎週見てる番組の話とか、散歩の途中で見かけた猫の話とか。
そういうのは全部Twitterの方でやって…………なかった。
猫はたまに写真載せてますが。

そんな感じで。

イドラっすか

イドラです。
はじめました。

戦闘中

やる前に紹介動画などを見て
「これは(悪い意味で)ヤバイぞ」
なんて思ったりもしましたが、
実際始めてみたら
「これは(悪い意味で)ヤバイな」
と思いました。

イドラ

(3割ほどの)冗談はさておき、慣れたらまぁまぁ遊べてます。

ただ、いろいろ絞って時間をかけさせている感は否めないので、
どこかで詰まったりもどかしい思いをするかもしれませんね。

先週は新作のリリースが相次ぎまして、
一応やってみるの精神の元に試しまくりましたが、
私的には唯一の生き残りがコレです。

他にも前から続けているゲームがあるので
審査(?)は非常に厳しいのですが。

Hellgate:London だ!

SteamでHellgate:Londonが発売されましたよ。
リメイクではなく、シングルプレイ用に調整されただけのやつ。
そう、マルチが無いのですよ。
人によってはマイナスポイントでしょうけども、
私にとっては大歓迎。
マルチあってもそれ用コンテンツなんてクリアできないじゃないですか!
キシャー

何年も前にサービスしてわりとすぐ終わったHanbit版です。
そしてゲーム内課金はありません!
それ用のサービスもゲーム内マネーで買えるみたい?

グラフィックはショボショボで、古めかしさは否めませんが、
やっぱりね、バリバリドシャドシャ戦うのが気持ちいいのです。

無双OROCHI3だ!

待望の無双OROCHI3ですよ。
PC版がようやく発売されたので当然買いましたとも。

ビャーッ

今回170匹のキャラが使えるということで。
まだ序盤で仲間は50人くらいなのにすでにごっちゃごちゃ。
この3倍以上ごっちゃごちゃになるのかと恐怖ですね。

内容的には正直バランスが取れてるとは言い難くて、
神器ぶっぱのおかげで武将の個性が死にがちだとか、
そもそも戦国と三国のキャラ性能に差があるだとか、
ちょっとアレなんですけども。

OROCHIなんてお祭りゲーですからね。
多少(でもないが)は目をつぶりますよ。
ワッショイ!

ああ、シーズンパス欲しい。

町を作るゲーム

町作り系ではだいぶ評判の良いCities:Skylines
セールが来ると600~700円くらいで買えるという素晴らしさ。
グラフィックも良くてわりと柔軟に道路がひけたり
ぐぐーっとズームしていくと、
相当細かいところまで描写されていて引くレベルです。

閑静な

上空からはこの通り。夜景もキレイですね!?

ざっくりとしか触ってませんが、
このゲームは環境汚染の対処が大変ですな。
簡単にえらい勢いで空気と川が茶色くなっていくのですよ。
エコせな。
エコエコなんとか。

そんなわけで、
おめでとうございました!

キンスレわりと続いてる

実は(?)キングスレイドやっていたんです。
だいたい1ヶ月経ちました。

めんば

このゲームはストレスを感じるような要素がほぼ無し!
キャラガチャは無し!石で買える!石めっちゃ貰える!
早く強くなろうと思わなければ、お金もかかりません!

なにより、続けた結果ちゃんと強くなっているのが
実感できるタイミングがちょうどいい。
ほどほどのハードルがほどほどの間隔に置いてあるような。

ぐしゃー

オート機能も戦闘そのものだけじゃなく、
戦闘自体を繰り返す行動も自動でやってくれるので、
周回でも手がかからないのが良いですね。

めっちゃ面白い!わけではないですが、
とにかくあまり手がかからなくて、
イベントの内容もほどほどで、
キャラクターのくおりてぃーも良いので
珍しく続いているゲームのひとつになりました。

[MHW] 進みはじめた

2~3日前、ようやく先へ進む気になりました。

名前をおぼえていない何かを倒して装備を作ります。
きもちわるい

ジャン。
格差
ネコのかい!

つってね……。
弓なので当たらなければどうのこうの。
でもそのうちスキルをなんたらかんたらしないと、
生きにくくなるのでしょう?

そうそう。
トレーニングエリアで剣とか槍とか使ってみたのです。
あれね。
ボタンの組み合わせとかタイミングで技が出るじゃないですか。
パパッと覚えられません。
なので結局、弓なのです。

パッド操作なら感覚で覚えられるんですかね。

ただ、あんなに武器種があるのに、
ずっと弓でちくちくやって終わるのも勿体ないのではと。
そんな想いもなきにしもあらず。

しょうこりもなく

もうモンハンは懲りたはずなのに、
ネコがね。ネコが。

どうしても作りたかったんだ。
スイカ柄のネコを。
ねこ

PC版なのでReshade使っていじるのも楽しい。
今のところ画質調整やってる時間の方が長いかもしれない。
あかい

さて、私の中でモンハンはFで止まっていたわけですが、
どうやらWに至るまで、さらにWに至った所でだいぶ様変わりしたようで。
どうしてもイヤだった点が1つ解消されてました。
はやく言ってよね!
与えたダメージの数値が見えるようになったってさ!
あれがないと手応えのない作業感に気が遠くなりそうで、
本当に辛いのです。
難易度的にもソロの方が楽なくらいな調整らしくて。
これならイケるかもしれない!と、買ったのです。

調整と言えばPC版の調整がなかなか微妙なところで。
この程度のグラフィックのわりにCPUとGPUが大暴れしていたり、
キーボード&マウス操作がやっつけ対応だったり、
ゲームの内容以外での不満はそこそこありますが、
修正を待ちつつぼちぼちやったりやらなかったりできるかなと。

宇宙をさまよっていた

No Man’s Sky やってました。

ほし

ほし

いろいろ改善されてマルチも実装されたりして、
一気に息を吹き返したこのゲーム。

私にとってのマルチは、
突然見知らぬ人が星に乗り込んできて、宇宙船から一方的に殺されて、
リスポーン直後にまた殺されて……
それを10度ほど繰り返す様子を横目に見ながらiPadでゲームする。
そんな体験ができたシステム。

良いですね。
Kick機能があることに気づいたのはだいぶ後のことでしたが。

なかなか住みよい星が見つかりません。

ゲームの渋滞解消

なんやかんやあって
アズールレーンが生き残りました。

アビスホライズンはLv56までやりました。
デイリーの消化がしんどくなってきたのと、
PvP(お互い手動で対戦する方)のβ実装が決断の決め手に。

ファイアーエムブレムヒーローズやギガントショックも
それぞれ1週間ほどやってみたりして。
さすがに渋滞するにもほどがあると言うことで、断捨離(?)です。

そして新たにファンタジーライフオンラインがIN
シチュー
ガチャを気にしなければ、とても遊べるゲームです。
生産や採取が好きなので、たまりませんね。
このゲームには今の所大きな不満はないので、
少し続けると思いますよ。

<後日談>
大きな不満を抱いたので続きませんでした。

ゲームの渋滞

ゲームアプリをやりまくってます。
なぜなら、最近Amazonで仮面ライダーシリーズを見まくっているせいで、
PCのゲームをやる時間がほぼ無い状態になったので!!

まず、アビスホライズンをサービス開始時からやってまして。

わりと酷い偏見ですが、ホライズンとタイトルにつくものは
なんであれ「アレ」なイメージがあってスルーしようと思ったのですが、
一応やってみたところ、なかなかゆるく遊べたので気に入りました。
「某これ」ともめてるようですが、
どうなっても後悔しない遊び方をすればこちらは問題ないでしょう。

で、そういえばアズールレーンってゲームもあったなぁって。
これはユーザー名が変えられないタイプのゲームなので、
以前はリセマラがしづらくてあっさり断念したのですが、
今はアビホラやってるからテキトウでいいかと、普通に始めました。

The Crew2 やっている

乗り物に乗ってあちこち走るゲームを買いました。

前作が無料配布された時に少しやった時点では、
「ああ、こりゃ合わないわ」
そう思って2が出ると知った時も買うつもりはなかったのですが、
どうやら、2は前作とガラリと変わっているらしいと言う話で、
少し調べたりオープンベータをやってみたところ
「これこれー!」
と、即購入決定したのです。

SIKA

いやー、楽しいですね。

ミンゴ

あの伝説のFUELをホーフツさせる自由さ。
さらに、TDU2が大好きだった私にはまさにベストマッチ。

UMA

もう楽しくてしょーがない。
走るって素晴らしい。

ただ、悲しいかな猛暑日はPCが爆熱になるのが心配で、
少しマシな気温になる夜にしかやれないという。

Muse Dash 買った

Muse Dash と言うリズムゲーム買いました。
Steam版もそのうち出るみたいですけども、
気になって、すぐやりたかったのでiOS版ですよ。
下手の横好きスピリット。

きょく
リリース記念期間限定価格で240円。
そこそこの曲数入ってます。

このゲーム、ノート?ノーツ?
が流れてくるラインが画面上と下の2本だけなんですよ。
はじめのほう
なのでタップするのも画面の左と右(設定で上と下に変更可)だけ。
あちこちからぶわーっと来て「うああああ」とはならないのです。

ね。
それだけで「やれるかも」って思うでしょう!

↑のSSだけ見るとヌルくて退屈そうですけど、
ちょっと多めに流れてくるステージだとSS撮る余裕がないので。
まともなSSはどっかよそで見てください(投)

Dauntless やっている

MU Legendは2キャラ目もカンストしたので、ひとまず休止。
夏頃に新キャラが実装されたらまたやる……のかな。
その時の自分の気分しだい。

と、言うわけで、Dauntlessを始めました。
ずびずばー
ハンティングアクションRPGです。
空中に浮かんでいる島?に生息する
ベヒモスと呼ばれるわりと大きな怪獣を狩るゲーム。

それを倒すことで得られる素材などで装備を作ったり強化したり。
ぱぱぱやー

似たようなゲームが国内にありますが、
あちらがまったく合わなかった自分にとって、
こちらはとても楽しいです。
いくつかあるわずらわしい要素が無くて、
ただただ大物との戦闘が楽しめるのです。

現在オープンベータ中で、サーバーの状態はやや不安定。
とは言え、初日は数万人のログイン待機列が出たり、
それが解消されたと思えば、通信が切断されたり、
狩りが始まるまで10分くらい待たされたり、
とにかくいろんなトラブルを経て、
ここまで改善されてきたわけで。
運営も頑張っているようで。

とても気に入って遊んでいますが、
なんだかんだでこういうのはとても疲れます。
1日2戦くらいがギリギリですかね。
なので、なかなか進まないという。

[MU Legend] 65になっていた

そんなわけで、先日Lv65になりました。

わるそう

ストーリーが現時点での実装分まで終わる前に
さくっといっちゃうのですね。

で、一通りエンドコンテンツ的なものを周ってみたら、
まあーーキツイこと!
今後は日々コツコツと装備を強める修行が始まると。

ここからが本番なのでしょう。

ただし、そういうのが好きな人はともかく、
そうでもない人はここで終わっちゃうでしょう。

今どちらの層が多くこのゲームをやっているのか、
あと数日で人口がどうなるのか。興味深いです。
やっぱり、たいして深くないです。

カンストまでは楽しかったので、
こんどはちがうクラスのキャラをやろう。

MU Legend はじめた

久しぶりな基本無料のネットゲーム。
MUですよ。MU。
奇蹟の大地の方もまだサービスが続いているのに、
Legendが始まっちゃって、良いんですかね。

ぐしゃぐしゃ

アイテムドロップや戦闘のシステムはハクスラ系で、
MMORPGにはお馴染みのフィールドで、お馴染みのクエストを
ストーリーに沿ってこなしていったり、
インスタンスダンジョンでパーティープレイしたり。
ずるずるさくさくレベルが上がっていきます。

サービス開始して2日目の時点でLv65のカンスト者続出。
とは言え、それはキャラクターのレベルの話で、
ソウルレベルとやらの上限は500とぶっ飛んでます。
ポイントを使ってキャラの基本性能を高めるシステムですね。

簡単に言うとDia3のパラゴンレベルですよ。
ESOのチャンピオンシステムですよ。
(追記↓)
ただしアカウント単位じゃなくキャラクター別のね!
(↑)

ところで、一応は基本無料なわけですが、
いろいろ特典が盛り沢山なプラチナサービスなんてのが、
月額1800円?で用意されていましてね。

オートマッチングでパーティーに参加したら
自分以外「P」マークがキャラアイコンについてて
うわやべえ(?)って思ったり。
お客様マークを他人に対して可視化するのやめようぜ!
そうやって煽ってるのでしょうけどね!